toggle navigation  

採用動画とは?〜メリットと制作する際に押さえておきたいポイント〜

採用動画とは?〜メリットと制作する際に押さえておきたいポイント〜

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
採用動画とは?〜メリットと制作する際に押さえておきたいポイント〜

採用活動における企業の目的とは、高い仕事成果を収める人材を確保することです。

パフォーマンスが高い人材を得るための最初のステップとして、採用希望者に企業の魅力や特徴を知ってもらうことがなにより重要でしょう。

そこで今回は、企業の魅力を伝えるのに効果的な「採用動画」について解説します。
採用動画の詳細やメリット、制作する際のポイントについてお伝えしていますので、ぜひご覧ください。

採用動画とは?

採用動画は、求職者に対して企業の理解を深めてもらうための動画です。会社の雰囲気、仕事内容や職場紹介、経営者のメッセージや福利厚生など、企業の情報を伝える手段として役立ちます。

ただ、採用動画の目的は単に雇用だけに留まりません。動画によって企業のブランディングやイメージアップにつなげることも可能なのです。特に昨今では、動画コンテンツの需要が高まっています。

そうした背景から、採用活動に動画を取り入れる企業は増えており、就活生にとって採用動画は企業を選ぶ際の重要な判断材料となっています。

採用動画のメリット

採用活動に動画を取り入れることで多くのメリットを享受できます。
ここでは、採用動画のメリットについて解説します。

企業の認知度が上がる

採用動画を取り入れることで、企業の認知度を高めることが可能です。
就活生をはじめとする求職者は、さまざまな企業の情報をインプットしています。採用動画を見ることで、その企業の特徴などを知ってもらうことができるので、求職者を通じて企業の認知度がアップするのです。

単に採用目的だけでなく、世間への知名度向上の目的を果たせる手段としても採用動画は役立つでしょう。

イメージの形成・向上につながる

採用動画は企業イメージを伝える手段になり、イメージアップにつなげることができます。
企業の良いところをピックアップして伝える採用動画は、見る人にプラスの企業イメージを持たせることができるのです。

また、採用活動において、就活生に企業の情報を知ってもらうことは重要といえます。事前に企業についての前情報を知っているのと知っていないのとでは安心感に差が生じるためです。情報が少ない状態で判断することは難しいですし、わからないことが多いと人は不安を感じてしまいます。

採用動画は、企業に対してのイメージを膨らませる役割を持ち、さらに企業イメージを高めることができるというメリットがあるのです。

ミスマッチを防ぐ

採用活動で避けたいのが、企業と求職者のミスマッチです。ミスマッチとは、採用決定後に企業が求める人物像と相違があった場合や、採用者が企業に求めていた条件に合わなかった時のことを指します。企業にとっても採用者の辞退や早期退職は避けたいものですし、ミスマッチは企業側と採用者側の両方にとって望ましくないことです。

ミスマッチが起こる原因の一つとして、求職者が応募を判断するための「適切な情報」が動画に含まれていないといった点が挙げられます。
そこで、社内の雰囲気や勤務条件、職務内容などを求職者に詳しく知ってもらうことで、条件に合わない希望者を省くことができるのです。

採用動画は、紙面の求人と比較してみても企業の雰囲気や空気感を伝えやすいというメリットがあります。求職者にとって判断する材料が多くなるので、企業側も採用者選別のための工数を減らすことに役立つでしょう。

採用動画を制作する際のポイント

ここからは、採用動画を制作する際のポイントについてお伝えします。

採用動画の目的を明確にする

採用動画の目的に応じて、動画制作時のコンセプトが変わってきます。そのため、動画制作前に採用動画の目的について明確にしておかなければいけません。採用動画を通じて、ブランディングや企業のイメージアップ、認知度の向上を目的とする場合もありますが、採用動画の目的の多くは、企業にマッチする人材の獲得ではないでしょうか。

人材を確保することを考えると、理想とする人物像を明確に定めておくことが必要です。ターゲットを明確にしておかないと、企業にとって適切な人材が魅力を感じる採用動画を作ることは難しいといえます。目的やターゲットを元に、動画コンセプトを考えることから始めてみましょう。

伝えたいことを強調する

「何を伝えたいか」を絞り込むことで、動画のコンセプトが定まりやすくなります。

採用動画では、企業理念や職務内容、福利厚生や社員の働き方など、伝えたいことがたくさんあるかもしれません。しかし、伝えたいことをすべて詰め込んでしまうと、動画がぼやけた印象に仕上がってしまうのです。
一番伝えたいことをピックアップすることで求職者の印象に残りやすくなります。

以上の点を踏まえながら、採用動画はどうしても伝えたいことを印象づけるような構成にしましょう。

目的に合った動画制作の計画

採用動画は、外部に依頼する方法と自社で作る方法があります。
自社で作る場合は、コストが安く済むというメリットがある一方で、機材の調達や人材確保が難しかったり、撮影に不慣れで段取りがうまくいかなかったりといった懸念事項もあります。
とはいえ、場合によってはその不慣れさがプラスの効果をもたらして、自然で柔らかい印象が伝わったり、ユニークな印象を持たれたりといった可能性もあるでしょう。

また、プロに撮影を依頼する場合は以下のようなメリットがあります。
・クオリティの高い作品に仕上がる
・役者を起用することで自然な演技になる
・不自然さがないので没入してもらいやすい

しかし、プロに制作を依頼する場合はコストが高くなることが欠点です。

自社で作る場合もプロに依頼する場合も、採用動画を制作する目的に沿った計画を立てることが重要です。計画がしっかり立てられていないと何を伝えたいのかよくわからない動画に仕上がってしまうためです。
自社に対する世間が持つ現状の印象と今後の課題を洗い出してみるのも有効でしょう。

まとめ

採用動画のメリットと制作時のポイントについて解説しました。
動画の見せ方次第では、採用時にミスマッチを起こしてしまうこともあります。
そういった事態を防ぐためにも、事前にしっかりと目的に合った計画を立てることが肝心です。
本記事を参考に、魅力的な採用動画を制作してみてください。

動画共有による社内にもたらす5つの効果

動画による社内コミュニケーションの活用状況の市場調査から 社内広報・インターナルコミュニケーション ・代理店教育 ・インストラクター学習動画・飲食チェーンでのオペレーションなど 様々な用途での動画の活用方法を紹介しています。

無料ダウンロードはこちらから
uishare

法人向け動画共有サービス Uishare

初期費用無料!
充実機能で動画配信を即スタート!uishare

詳細はこちらから

執筆者情報

株式会社ユイコモンズ UIcommons Inc.

ユイコモンズでは、『世界中の人々が、豊かで実りある生活ができるようにいつでもどこでも誰でも存分に学べる場を創る』をビジョンに掲げ、学びに関するさまざまなサービスを展開しています。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加