toggle navigation  

動画配信・販売サイトのアクセス数やコンバージョン(CV)数を増やす方法

動画配信・販売サイトのアクセス数やコンバージョン(CV)数を増やす方法

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
動画配信・販売サイトのアクセス数やコンバージョン(CV)数を増やす方法

動画配信・販売サイトでは、アクセス数が伸び悩んでいたり、コンバージョン(CV)数が増えないという悩みを抱えている場合も多いでしょう。

本コラムでは、アクセス数やコンバージョン(CV)数について具体的にどう考えたらいいのか、増やすための対策にはどんなことがあるのかをご紹介します。
サイト運営を成功させるため、集客を増やすための参考にしてみてください。

動画配信・販売サイトのアクセス数やコンバージョン(CV)数とは

動画配信・販売サイトにおいて、アクセス数やコンバージョン(CV)数は、売上が伸びるかどうかが決まる重要なものです。
まずは、アクセス数やコンバージョン(CV)数の基本について知っておきましょう。

アクセス数とは?アクセス数の仕組みは?

アクセス数とは、どれだけの人が動画配信・販売サイトにアクセスをしてくれたかというユーザー数のことです。

アクセス数を増やすには、ユーザーの行動パターンを知り、ユーザー目線のコンテンツを作ることが重要です。
その上で、SEO施策も行いましょう。
また、サムネイル画像もアクセス数を左右するため、気を配る使う必要があるでしょう。さらに、リピーターを作るための工夫を重ねることで、アクセス数の向上が期待できます。

まずは、サイトにアクセスしてもらわないことには、動画の視聴や購入につながらないため、母数となるアクセスを増やすこと大切になってきます。

コンバージョン(CV)とは?コンバージョン(CV)数の仕組みとは?

コンバージョン数とは、申し込み数や購入数など、そのWebサイトでユーザーに取ってもらいたいアクションとして想定している行動の総数を指し、動画配信・販売サイトにおけるコンバージョンとは、動画の再生を指します。

運営する動画配信・販売サイトによって、設定するコンバージョンは多少、異なってきますが、単純な再生回数のほか、ユニーク再生回数(再生してくれたユーザー数)や再生完了数(動画が最後まで視聴された回数)などを設定するところが多いでしょう。

コンバージョン数を増やす方法は、母数となるアクセス数を増やすか、コンバージョン率を改善することです。コンバージョン率とは、アクセス数に対するコンバージョン数で、たとえば、1,000アクセスで30コンバージョンの場合には、コンバージョン率が3%となります。

動画配信・販売サイトのアクセス数やコンバージョン(CV)を増やすための対策

動画配信・販売サイトでは、アクセス数やコンバージョン数を増やすために多くの企業が苦労しています。
以下で、具体的にどうしたらアクセス数、コンバージョン数を増やせるのか、集客できるのかをご紹介します。

アクセス数の対策

アクセス数を伸ばすのに最も大切なのはSEO施策と動画コンテンツの数です。

SEO施策では、タイトルはもちろん、説明文や動画中のキャプション(字幕)にも、ユーザーの検索ニーズの高いキーワードを盛り込みましょう。
また、動画配信・販売サイトは継続して更新し続けることも大切です。さらに、動画配信・販売サイトそのもののSEO施策も大切です。特にスマホから操作しやすいようなサイトにしておくことが必要です。多くの人がスマホから動画を視聴していることが多いため、スマホからの操作性も考えておきましょう。

さらに、ライブ配信を活用し、イベントを実施することで、多くのアクセスが期待できます。たとえば、新しいサービスについて早く広く周知させるようなオンラインイベントを行ってアクセス数を上げて成功している事例も増加しています。新規顧客の集客にもライブ配信やイベント配信が役立っています。

コンバージョン(CV)数の対策

コンバージョン数を上げるためには、ユーザーにとって、良質で内容が豊富なコンテンツにし、それをサムネイルなどでわかりやすく伝えていくことが大切です。また、動画のサンプルでは、内容のポイントをしっかり見せましょう。

コンテンツ内容を検討する際は、情報量を増やし、ユーザーの問題解決を心がけること、オリジナリティを出して、トレンド性を意識することでアクセス数が伸びていきます。トレンドのリサーチに多くの時間を割くことも重要です。
たとえば、塾やスポーツ教室を運営する企業で、コーチング動画のPR動画を紹介したりすることで、SNSでの拡散に成功しています。気になる人の多くがそれらを見るようになり、効果を発揮しています。ほかではあまり得られない情報、そして、ユーザーが必要としていて良く検索する情報を動画で配信することで、アクセス数が増大するでしょう。
また、検索ニーズの高いキーワードを選択し、これを意識したタイトルを付けるといった工夫も効果的でしょう。

Googleが検索品質評価ガイドラインで提示している「Expertise(専門性)」「Authoritativeness(権威性)」「Trustworthiness(信頼性)」を満たすコンテンツを目指すことも大切です。こうした専門性、権威性、信頼性などがあることで、ユーザーが動画のリピーターとなってくれることが期待できます。信頼性のある共感を呼ぶようなコンテンツを作ることで、リピーターが増加したり、SNSで広く拡散されるようになります。そうすると、さらにアクセス数が増大し、集客にもつながっていくでしょう。

ただ、アクセス数・コンバージョン数を増やして集客につなげるのは、なかなか難しいことです。専門家にコンテンツ作成のサポートをお願いするのもおすすめの方法です。

UIshareでは動画配信・販売サイトのコンテンツ作成のサポート

動画配信・販売サイトを運営するにあたっては、良質なコンテンツ、豊富なコンテンツをユーザー目線で作ることが重要です。
そして、さらに専門的なサポートを受けるのもいい方法です。

UIshareでは、動画配信・販売サイトのコンテンツ作成のサポートも行っています。動画配信・販売サイトの企画から撮影・編集まで行い、動画のコンテンツ作成も最初からサポートしているため安心できます。Getterzサービスで培ったノウハウで、低コストでクオリティの高い動画コンテンツを提供しています。

アクセス数やコンバージョン数の伸び悩みで困った場合には、当社のサポートを受けてみませんか。

まとめ

これからはますます、動画による配信サービスの人気が高まっていくことに違いありません。動画配信は、リアルでユーザーに響くものとなる可能性が高いのが魅力です。今後は動画配信によって、注目を浴びることが必須となるでしょう。

本コラムでは、動画配信・販売サイトのアクセス数やコンバージョン数を増やす方法について、ご紹介しました。ユーザーのニーズに沿ったコンテンツの内容を提供すること、サムネイルの選び方、SEO対策など、それぞれに工夫が必要です。

そして、動画配信・販売サイトを継続的に更新し、豊富なコンテンツを提供していく必要があります。そうしたことが大変な場合は、専門的な立場のUIshareに任せてみてはいかがでしょうか。広くSNSで拡散されるような動画配信・販売サイトに効率よく育てるためにも、ぜひお気軽にご相談ください。

動画共有による社内にもたらす5つの効果

動画による社内コミュニケーションの活用状況の市場調査から 社内広報・インターナルコミュニケーション ・代理店教育 ・インストラクター学習動画・飲食チェーンでのオペレーションなど 様々な用途での動画の活用方法を紹介しています。

無料ダウンロードはこちらから
uishare

法人向け動画共有サービス Uishare

17万人ユーザー利用
月額費用1000円から利用可能 uishare

詳細はこちらから
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加