toggle navigation  

広報動画のメリットと活用できる種類までをわかりやすくご紹介

広報動画のメリットと活用できる種類までをわかりやすくご紹介

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広報動画のメリットと活用できる種類までをわかりやすくご紹介

「広報に動画を活用したい」とお考えではありませんか?
近年動画コンテンツが普及しており、広報に動画を活用する企業も増えました。

広報動画は社外の人に向けて会社のことを知ってもらったり、社内での情報共有に役立てたりするのに効果的な動画です。
商品やサービスのプロモーションに動画の活用を検討している方も多いのではないでしょうか。
今回は、広報動画のメリットや活用シーンについて解説しています。

広報動画の具体的な活用シーンについて知ることができますので、自社の広報に動画活用を検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。

広報動画とは

広報動画とは、企業の広報に使う動画のことです。
以前は広報活動に文章や写真などを使うことが多かったのですが、最近では動画の需要が増し、積極的に活用されるようになりました。

広報動画の役割は大きく分けて2つです。社外へのプロモーションとして発信する場合と、社員に向けた社内広報活動があります。
社外向けの広報動画では、主に自社のブランドや認知度を高める目的で動画が使われます。
一方、社内向けの広報動画は、社員のモチベーション向上や経営情報などの情報共有が主な目的です。

広報動画を活用することによって社内外でさまざまな情報を共有することができ、企業のイメージを高める効果を発揮することができます。

広報動画のメリット

広報動画のメリットについて解説します。

文字だけでは伝わらない空気感が伝わる

広報活動に動画を取り入れることで、文字だけでは伝わらない「空気感を伝えられる」というメリットがあります。

動画はテキストや静止画に比べて情景や人の表情などが伝わりやすく、見る人の想像をかき立てられるので、広報の効果を高めることができるのです。表現の幅が広いことから、広報動画をストーリー仕立てに仕上げると感覚的に訴えることができます。

映像と音声で情景をダイレクトに伝えられる動画は、情報や商品の魅力を伝えやすく、広報に効果的といえるでしょう。

一つの動画で多くの情報を伝えられる

短い時間で多くの情報を伝えられるのも広報動画の魅力です。
商品の特徴を文章で伝えようとする場合、膨大な文字数となってしまうため、読む側にとって負担がかかってしまうことがあります。

文章や写真だけのプレリリースだと、流し読みされてしまう恐れもあります。
しかし、広報活動を動画で行えば、短時間で密度の高い情報を提示することができます。
効率的な情報伝達を行うためにも、広報動画は効果的であるといえるでしょう。

広報動画の種類

次に、広報動画の種類(活用シーン)を紹介します。

会社紹介動画

会社紹介動画は、どのような事業をしている会社で、どんな商品やサービスを提供しているのかといった情報を伝えるのに役立ちます。
社外向けだけでなく、新入社員などの社内向け動画としても有効に活用できます。
会社紹介動画は、その他にも採用活動やイベントの参加時などさまざまなシーンで広く活用できる広報動画です。
会社概要や経営方針など、会社の魅力を凝縮して伝えることができるので、時間の短縮と情報の伝達がスムーズに行えます。

商品やサービスのプレリリース

社外に向けた広報動画の一つにプレリリースがあります。
プレリリースとは、新商品や新サービスのリリース時にメディアに情報を発信してもらうことです。
もともとプレリリースは文章で発表されることが主流でしたが、近年では動画が利用される機会も多いです。
プレリリースに動画を発信する際は、動画配信サービスを利用することで国内だけでなく海外にも広く発信することが可能です。

消費者インタビュー動画

プロモーションの一環として、消費者の声を動画にして伝える方法があります。
実際に商品やサービスを利用した人のリアルな声を聞いてもらうことで、商品やサービスに興味をもってもらう手法です。
消費者の声を伝える方法として、ホームページやチラシに掲載する方法もありますが、「良い口コミを選んで掲載しているのでは」という疑念を持つ人も多いでしょう。
消費者インタビューを動画で行えば、消費者の表情や身振り手振りなどの動作から、この人は本当に喜んでいるという真意が伝わります。
動画はそうしたリアルさを伝えられるので、消費者インタビューを発信するのに最適な手段といえるでしょう。

社員インタビュー動画

社員インタビュー動画は、社内に向けた広報動画の一つです。実際に働く社員の声を動画にして、社内に周知することで社員のモチベーション向上の役割を果たします。

日頃成果を挙げている社員でも、普段なかなかスポットライトが当たる機会がありません。そうした社員にスポットライトを当ててインタビューを行うことで、社員に良い刺激を与えるきっかけともなります。インタビュー動画を見る人にとってはそれまで知らなかったことを発見する機会となり、インタビューを受ける側にとっても自分を振り返る良い機会となります。

たとえば、普段仕事で意識していることや心がけていることを聞いてインタビュー動画にすることで他の社員の意識が変わるかもしれません。インタビュー動画を機に「自分の仕事にも活かそう」といった良い循環が生まれるのです。

また、それまで交流がなかった人であっても、インタビューを通じて会話をするきっかけが生まれ、交流が深まることもあるでしょう。
このように、社内向け広報として社員インタビュー動画を発信することで、社員のモチベーションを高める効果や、社員同士の結託にも期待が持てます。

さらに、この動画を社外向けに周知すれば採用活動にも利用できます。

まとめ

今回は、広報動画のメリットと具体的な活用シーンについて解説しました。
広報動画を活用することで、自社に対して良いイメージをもってもらうことができたり、商品やサービスのプロモーションに役立てたりすることができます。

広報動画は特に、「広報動画を活用して、企業のイメージアップにつなげたい」「社員のモチベーションや交流のきっかけを作りたい」といった場合には有効な手段ですが、今回ご紹介した内容のほかにも幅広く活用できます。プロモーションに効果的な広報動画を発信すれば、自社が抱える課題解決に役立てることができるでしょう。

広報動画の活用を考えている方は、今回紹介した内容をぜひ参考にしてみてください。

動画共有による社内にもたらす5つの効果

動画による社内コミュニケーションの活用状況の市場調査から 社内広報・インターナルコミュニケーション ・代理店教育 ・インストラクター学習動画・飲食チェーンでのオペレーションなど 様々な用途での動画の活用方法を紹介しています。

無料ダウンロードはこちらから
uishare

法人向け動画共有サービス Uishare

初期費用無料!
充実機能で動画配信を即スタート!uishare

詳細はこちらから

執筆者情報

株式会社ユイコモンズ UIcommons Inc.

ユイコモンズでは、『世界中の人々が、豊かで実りある生活ができるようにいつでもどこでも誰でも存分に学べる場を創る』をビジョンに掲げ、学びに関するさまざまなサービスを展開しています。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加