toggle navigation  

フランチャイズで今流行りのeラーニングとは

フランチャイズで今流行りのeラーニングとは

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フランチャイズで今流行りのeラーニングとは

動画教材を使ったeラーニングは、多くの人に知識やノウハウを知らせる手段として大変注目を集めています。

幅広いeラーニングの活用シーンの中でも、その有効性が高いと考えられるシーンにフランチャイズでの活用があります。フランチャイズではeラーニングがどう活用されており、どういったメリットがあるのかご紹介します。

eラーニングとは

eラーニングとは、インターネットを活用した学習を指す言葉です。

これまではスタッフ教育や研修といえば、一か所に教育対象となる人を集めて対面で人が教えるものでした。そういった学習形態では講師も受講者も一定時間同じ場所に拘束されることになります。進捗状況の管理は講師の采配にかかっており、結果的に同時受講する受講者の進捗は一律になっていました。

しかし実際は受講者によって学習に対するモチベーションが異なりますし、理解度に応じて学習内容を提示することで学習効率は大きく上がるはずです。米国を中心に、世界各国でコンピューターが学習内容を提示するCAI(Computer Aided Instruction:コンピューター支援教育)が研究されるようになりました。

そこで大容量の記憶媒体であるCD-ROMが活用され、動画や音声などを使ったマルチメディア教材が提供されるようになったのですが、CD-ROMの制作には次のようないくつかの問題がありました。

  • コストがかかる
  • 配布後の内容修正は難しい
  • 進捗度の管理が難しい

インターネットの発展を受け、これらの問題を解決する学習方法として発展してきたものがWBT(Web Based Training: Webを利用した教育研修)です。WBTでは、学習教材や進捗情報を受講者側の端末に保存しません。サーバー上に保存したそれらの情報を、インターネット回線を通じ必要に応じて受講者に提示します。

これなら受講者にCD-ROMなどの記録媒体を配布する必要がないので、受講者数によってコストがかさむことはありません。アップデートの必要があればサーバー上の情報を書き換えるだけでよいので、コストを抑えながら最新の教材を常に提供可能です。進捗状況の管理もしやすくなりました。

インターネットに接続可能な端末さえ用意すればいつでもどこでも受講可能な環境は、受講者にとっても大きなメリットがあります。これらの普及で、自分の都合に合わせてちょっとした時間に受講する、いわゆる「隙間学習」と相性がよいという点です。こうした学習形態は現在「eラーニング」とよばれ、多くの企業に取り入れられています。

フランチャイズにおけるスタッフ教育の課題

フランチャイズとは加盟店としてグループに参画することで、親会社の商号や商標、ノウハウなどの使用許可を得て営業する出店方法のことです。外食産業や小売店など、多くの業種で取り入れられています。

フランチャイズオーナーはノウハウや仕入れ網などを使用させてもらう代わりに、本部にロイヤリティと呼ばれる対価を支払います。

フランチャイズオーナーはすでに確立された商号や商標を使用するわけですから、サービス品質や接客ノウハウ等を徹底しなければブランドイメージを毀損しかねません。つまり随時追加加盟するフランチャイズにおいていかにスタッフ教育を徹底するかという点が、常に大きな課題となるわけです。

フランチャイズにおけるeラーニング活用のメリット

eラーニングは社員教育から新製品の使用方法周知まで、実にさまざまなシーンで活用されるようになってきました。その中でもフランチャイズにおけるスタッフ教育で力を発揮するとして、注目を集めています。

フランチャイズオーナーが学習する内容は多岐にわたり、その中には集合型の研修でディスカッションやケーススタディを交えながら進めた方が良いものも数多くあります。その一方で知識の充実については、eラーニングを取り入れれば自主学習が可能になり、より効率化できます。

また、常に入れ替わる店舗スタッフへのノウハウの徹底でも、eラーニングが役立ちます。映像や音声を取り入れた動画教材は要点が分かりやすく、文字から脳内で映像イメージに変換する手間がかからないので、文字を読むのが苦手な人でも学習が苦になりません。

視聴データを確認できるシステムを選べば進捗状況も管理できます。学習内容に漏れがあったらすぐに把握できますし、全店舗のデータが一元管理でき、可視化できるという点も魅力です。

マニュアル改正時にはデータを差し替えるだけで良く、紙ベースのマニュアルの全店舗に対する差し替え作業は発生しません。このように、eラーニングは多数のスタッフを対象とした教育が必要なフランチャイズシステムと、大変相性が良い学習形態といえるでしょう。

まとめ

こちらではフランチャイズにおけるスタッフ教育の課題と、それに対するeラーニングの活用についてご紹介しました。

「動画教材の作成には費用がかかるから踏み切れない」とお考えの企業様も多いのですが、フランチャイズ店が加盟するたびに行う研修の手間やそのコストは膨大なものです。動画教材を作っておいた方がコストカットにつながるケースも多いので、検討してみましょう。

 

動画共有による社内にもたらす5つの効果

動画による社内コミュニケーションの活用状況の市場調査から 社内広報・インターナルコミュニケーション ・代理店教育 ・インストラクター学習動画・飲食チェーンでのオペレーションなど 様々な用途での動画の活用方法を紹介しています。

無料ダウンロードはこちらから
uishare

法人向け動画共有サービス Uishare

17万人ユーザー利用
月額費用1000円から利用可能 uishare

詳細はこちらから

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加