toggle navigation  

eラーニングとは

eラーニングとは

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
eラーニングとは

eラーニングとは、インターネットを活用した学習教材や学習システム全体を指す言葉です。

ひと口にeラーニングといってもいくつかの種類があり、活用シーンによって適した形態が変わってきます。こちらではeラーニングについての概要をご紹介します。

eラーニングとは

eラーニングとは、インターネットを活用した学習方法のことです。サーバー(学習管理システム)に保存した動画などの教材を配信し、インターネットに接続可能なパソコンやタブレット、スマートフォンなどモバイル端末を利用して受講します。そのためeラーニングを受講する環境があれば、受講者一人一人の好きな時間、場所で学習をすることができます。

eラーニングなら交通の便が良くないへき地に住む人や、さまざまな理由から外出が困難な人も場所や時間を選ばず気軽に利用可能です。さらにメールやチャットなどを併用すれば、受講者と講師がやり取りできる双方向学習も可能となり、システム上の受講者用のコミュニティがあれば受講者同士で意見交換をするなど集合して研修を行なっていた時のように学習モチベーションを維持することも可能です。

また、講座の運営者側もサーバー(学習管理システム)を利用するため受講者の一元管理が可能です。今までは必要だった講座の開催場所の確保や講師や受講者のスケジュール調整など手間も省けるようになりました。

フランチャイズでのeラーニングの導入については、こちらの記事もご覧ください。
フランチャイズで今流行りのeラーニングとは

eラーニングの歴史

従来の集合型の研修は、受講する時間を決めて講師と受講者が同じ場所で過ごさなければなりませんでした。移動にも費用や時間がかかり、会場のセッティングも必要です。しかも学習の進捗状況などは講師が一律に管理する必要がありました。この学習形態では、教材として主に紙媒体のテキストが使われてきました。

しかし、学習の進捗やモチベーションには個人差があり、一元管理は効率的とはいえません。そこでコンピューターの力を借りて学習内容を提示した、より効率的な学習を支援しようというシステム(CAI:Computer Aided Instruction=コンピューター支援教育)の研究が、アメリカをはじめ世界各国で行われるようになりました。

やがてCD-ROMなどの大容量記録媒体を活用した、動画や音声などを活用したマルチメディア教材が作られるようになります。しかし「CR-ROMの作成・配布にかかるコスト」「教材の修正の難しさ」「進捗管理の難しさ」などが問題となりました。いくらDVDを配布しても、受講者が再生して学習しているかどうかがわからないので、効果的に進捗状況を把握して学習を促す手段がなかったわけです。

これらを解決した新しい学習形態がeラーニングです。サーバー上に教材を作って視聴可能な状態にしておけば、いつでもどこでも受講者に学習を進めてもらえます。教材の内容に修正や改正やあった場合は、元データを差し替えれば良いだけです。CD-ROMを再配布したり、紙媒体のテキストを差し替えたりする必要もありません。

視聴状況のデータをとっておけば、本部で進捗状況が一元管理できるというメリットもあります。未受講の項目の受講を徹底したり、学習漏れをチェックしたりする作業も簡単になりました。

eラーニングの歴史については、こちらの記事もご覧ください。
eラーニングの歴史-アナログから現代のeラーニング-

eラーニングのメリットとデメリット

メリットとデメリットを受講者と管理者側の視点で見てみましょう。

eラーニングのメリット

・受講者側
職場や自宅など場所を問わず自分のペースで学習でき、テキストなどの書籍だけと比べると教材が動画や音声により内容を理解しやすくなります。集合しての研修や講座は講師によって差が出てしまったりということがありがちですが、eラーニングだと均一なレベルの講義を受講者全員が受けることができます。 また、分からないところや納得出来なかったところは自分が納得や理解するまで何度でも繰り返し学習できます。 自身の学習履歴やテストの結果などもいつでもすぐに確認できるので、モチベーションの維持に役立ちます。

・管理者側
学習管理システムを利用するため、受講者の進捗状況やテスト結果などをプログラムで自動的に処理することができ、チェックや集計なども簡単に効率的に行え一元管理を実現できます。学習管理システム上にある教材やプログラムを更新するだけで簡単に修正を行うことができるので、常に最新の学習教材を受講者に対して提供できるようになります。 集合しての研修や講座と比較して、教材費や資料の印刷、会場のレンタル料などを削減でき、コストを抑えやすくなります。 学習管理システム経由で教材や関連資料の配布を簡単に行えるだけでなく、受講者への不定期な連絡や問い合わせ対応も電話やメールなどの個別連絡と比較すると手間がかかりません。また、よくある質問(FAQ)などもシステム上に掲載しておけば、同じような問い合わせ自体も減らすことができるでしょう。

eラーニングのデメリット

・受講者側
場所を問わずいつでもどこでも学習できることはメリットではありますが、なかには学習意欲やモチベーションを維持するのが難しくなってしまうこともあります。 また、スポーツなどの実技が伴う学習については、対面での学習には劣ってしまうことがあるようです。 PCやスマートフォンなどのデバイスとネットワーク環境の準備が必要になるため、デバイスを所持していなかったりネットワーク環境が整っていない場合には受講するのが難しくなってしまいます。 集合して対面する研修や講座と比較すると、人と人とのネットワークを構築する機会が減少してしまうこともデメリットにあげられるでしょう。

・管理者側
学習管理システムの導入や教材の作成に必要な機器など、ハードウェアやソフトウェアの導入にはどうしてもイニシャルコストがかかってしまいます。また、学習教材の作成には技術や手間が必要になる場合があるため、講師や担当者自身がそういった技術を習得する必要がでてきます。そのうえ、eラーニング環境構築などのIT知識も必要となるため、IT知識に詳しい人員の確保なども必要となります。 eラーニングは対面ではないため、リアルタイムでの質疑応答やディスカッションも難しく受講者への効果が実感しにくいなど、モチベーションコントロールも難しいようです。

企業においてのeラーニングのメリット・デメリットについては、こちらの記事もご覧ください。
今注目の企業におけるeラーニングのメリットデメリット

eラーニングのシーン別活用方法

eラーニングはシーンによって異なる活用法がありますので、こちらでご紹介します。

社内向けの研修、教育

全国・海外にいる社員に対面での集合研修を行おうとすればスケジュール調整も煩雑になり会場や講師の確保も難しくなる上に、移動に必要な費用も時間もかかります。 そこで、eラーニングを導入することで、社員は個人の都合の良い時間に研修を受けることができるようになります。 また、集合研修の場合は社員それぞれで理解度や能力なども異なるにもかかわらずある程度画一的に進めざるを得ませんが、eラーニングでは社員それぞれが自分のペースで理解できるまで繰り返し学習することができます。

企業でのeラーニング導入の課題については、こちらの記事もご覧ください。
企業でのeラーニング導入の課題とは

社外向けの研修、教育

代理店・販売店が複数社ある場合や業務委託先などの社外の協力者への教育にも活用できます。対面での研修実施にはスケジュール調整から会場のセッティングなど、全国を行脚して行うことは大きな負担です。 そこでeラーニングを活用すると、研修実施の工数を大幅に削減でき効率が高まります。さらに、学習履歴を確認したりオンラインテストを実施することで、習熟度や進捗についても把握できます。都合の良い時間に学習してもらうことで、理解を深められるでしょう。

大学・高等教育の現場

インターネットを活用したeラーニングには、学習の質の均一化やコスト削減できたり数多くのメリットがあることから、世界各国の高等教育機関で本格的に活用され始めています。日本でも2001年の法改正によって、複数の大学において取り入れられるようになってきました。 少子化も進みその影響で学生の獲得が厳しくなってきているなか、eラーニングの導入により社会人や主婦層、定年退職した方々など今までとは異なるターゲットの獲得も期待できます。 そのほかにも様々な事情を持つ学生に対し、場所や時間を問わず学べるeラーニングは大きな利便性を発揮します。テキストやプリントのみでの学習に比べ、映像や音声などを使用したeラーニングの教材でより分かり易く、学生のペースで納得できるまで繰り返し学習することが可能です。

国内大学と海外の大学でのeラーニングについては、こちらの記事もご覧ください。
国内大学のeラーニング事例からみる導入の課題
アメリカの大学のeラーニング事情

eラーニングに欠かせない必要なもの

eラーニングを実施するには、主に「学習管理システム」「教材」の2つでの要素が必要とされています。また、提供形態は、主に二種類に分けられます。

LMS(学習管理システム)とは

LMS(学習管理システム:Learning Management System)は、インターネット上でeラーニングを管理・提供するためのOS(オペレーションシステム)のようなプラットフォームのことです。Google ChromeやSafari、FirefoxなどのWebブラウザを用いたWebサービスとして提供されます。このシステムでは、受講者の進捗状況や成績の管理、学習教材の登録管理などを一元管理できます。

言葉のイメージから管理者向けのシステムと思われがちですが、主に受講者に向けて効果の高い学習環境を提供することに主眼をおかれているので、受講者と講師との間で質疑応答が可能になるメールやチャットの機能を備えていたり、小テスト等理解度チェックに利用できる機能や、受講者同士でコミュニケーションを図れる掲示板機能を備えているものもあります。そのため、受講者にとってはポータルサイトとして活用されています。

LMS(学習管理システム)については、こちらの記事もご覧ください。
eラーニングのLMS(学習管理システム)とは-概要から機能まで紹介-

eラーニングの教材の種類

eラーニングに使用する教材は、基本的に「静止画」「音声」「テキスト(文章)」「映像」などを組み合わせたマルチメディア教材です。視覚や聴覚など複数の感覚に訴えかけることでわかりやすさを増し、効果的な学習を促します。同じマルチメディア教材のなかにも、形式によって次のような種類があります。

資料配布型 従来の授業で使用していたようなテキストに音声やアニメーションを組み合わせ、そのまま動画に落とし込んだもの。制作の手間があまりかからない。
アニメーション型 キャラクターがストーリー形式で学習内容を説明してくれるもの。受講者にとって視聴しやすい。
動画配信型 講師が教室で授業をしている様子を、録画したもの。資料映像や画像を取り込むこともできる。決まった時間にアクセスを促せる環境なら、授業のライブ配信も可能。

「小テスト」「試験」などを組み合わせることで、進捗状況の管理に加えて理解度のチェックが可能になるシステムもあります。

教材の作成の参考にこちらの記事も併せてご覧ください。
動画マニュアルの活用法とは
動画マニュアルを作るには?〜作成までのステップ〜
eラーニング教材(コンテンツ)の種類と作り方のポイント

eラーニング提供形態

  • イントラネット型ラーニングシステム
    自社のサーバー内にeラーニングシステムを保存し、社内で情報をやり取りするイントラネットを通じて提供します。インターネット(ワールドワイドウェブ)に接続していないので、セキュリティレベルが高く保てます。
  • クラウド型ラーニングシステム
    インターネットに接続したサーバーに保存するシステムで、サービスにログインするかたちで利用します。ログインURLを配布することで幅広い対象に受講を促すことができます。すでに構築されているサービスを利用できるので、イントラネット型に比べると初期導入コストがあまりかかりません。

プラットフォームの提供形態からみたeラーニングの種類については、こちらの記事も併せてご覧ください。
eラーニングの種類ープラットフォームの提供形態ー

まとめ

こちらでは、eラーニングの提供形態や教材の種類などをご紹介しました。このようにeラーニングにはさまざまなかたちがありますが、やはりメインとなる機能は動画教材の配信です。

当社では動画共有型のサービスを展開しており、教育コンテンツの販売も含めてさまざまなコンテンツをご提供しています。オンラインテストを実施できるシステムやコミュニケーションツールなどもご用意しており、多様な企業様にお選びいただいております。eラーニングについてご興味をお持ちの方は、どうぞお気軽にお問い合わせください。

 

動画共有による社内にもたらす5つの効果

動画による社内コミュニケーションの活用状況の市場調査から 社内広報・インターナルコミュニケーション ・代理店教育 ・インストラクター学習動画・飲食チェーンでのオペレーションなど 様々な用途での動画の活用方法を紹介しています。

無料ダウンロードはこちらから
uishare

法人向け動画共有サービス Uishare

17万人ユーザー利用
月額費用1000円から利用可能 uishare

詳細はこちらから

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加