toggle navigation  

eラーニングのLMS(学習管理システム)とは-概要から機能まで紹介-

eラーニングのLMS(学習管理システム)とは-概要から機能まで紹介-

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
eラーニングのLMS(学習管理システム)とは-概要から機能まで紹介-

インターネットを活用したeラーニングのニーズが増えるなかで、利用者の多様化や利便性を求める声に応えるサポートシステムも続々と登場しています。今回紹介する「LMS」も、eラーニングの多様なニーズに応えるために生み出されたシステムです。

LMSを導入することで教材や受講生の管理が容易になるほか、従来のeラーニングでは難しかったことも実現できるようになります。

本コラムでは、LMSが果たす役割を中心にどのようなメリットがあるかを紹介します。

LMS(学習管理システム)とは何か?

LMSとは、Learning Management Systemの略で、日本語では「学習管理システム」といわれます。受講者データをはじめ、教材やプログラムなどをサーバー上で一括管理できるシステムであり、オンラインで学習進捗を管理するというeラーニングならではの機能が搭載されています。

インターネットの聡明期に生まれたeラーニングでは、受講者はCD-ROMやDVDなど送られてきた教材で自ら学ぶ自習スタイルが一般的でした。しかし、この方法だと学習の進捗状況は受講者の端末で管理されるため、学習提供者側は管理ができないという課題がありました。また、受講者にとっても教材を配布した後にカリキュラムの変更や更新が不可能など履修コースの柔軟な選択ができない点もありました。

こうした課題はインターネットの普及によりオンライン上で教材や受講者データを管理するようになることで解決しますが、今度は履修者登録や受講者管理の徹底などセキュリティ面の強化や、受講者一人ひとりに必要な教材やコースの設定など煩雑な管理に対する新たな課題が出てきました。

これらの課題を一気に解決する方法として生み出されたのが、LMS(学習管理システム)です。これを導入することにより教材の保管や配信に関する管理はもとより、学習履歴や試験成績など受講者の定着度や教育の成果なども定量的に評価しやすくなります。

また、IDやパスワードで履修者登録や受講者管理の徹底することによりセキュリティを強化できるのはもちろん、受講者のコース変更などの手続き上の管理もシステムでできるようになります。

LMS(学習管理システム)の主な機能

LMS(学習管理システム)には教材の管理や受講者の学習進捗の管理に役立つ機能を備えており、「どの受講者にどの講座を受けさせるか」「一人ひとりの受講者がどれくらい講座を進めているか」といった学習管理が容易にできるようになります。また、システムによってはサイト上で質疑応答やアンケート、ディスカッションなど、受講者とのコミュニケーションを促す機能を搭載しているものもあります。

具体的な機能について、受講者、教育者(運用管理者)にわけて説明しましょう。

受講者向けの機能

  • ログイン機能:ID/パスワードでログインする。
  • 履修コースの選択:受講者が履修したい講座やコースを選択し登録する。
  • 学習状況の確認:学習時間や進捗率などを履歴表示で確認できる。
  • 質疑応答:不明点を質問する。
  • テスト・レポート:オンライン上で試験を受ける。添付ファイルでレポートを提出できる。
  • 成績:学習の進捗やテストの得点などの情報を表示できる。

教育者(運用管理者)向け機能

  • 教材管理:講座やコースの作成および編集ができる
  • 受講者登録:氏名やID、パスワードなどの情報から受講者を登録する。
  • 履修登録:受講者が受けたい(受けさせたい)講座やコースを割り当てる。また、そのコースの開始日や終了日を指定する。
  • 学習状況の確認:受講履歴から、受講者の学習進捗を確認する。
  • 質疑応答:寄せられた質問を確認して回答する。
  • テスト・レポート:テスト問題の出題、解答(自動で正誤判定できるシステムもある)また、レポートの回収状況確認や採点、評価をする。
  • 成績:学習の進捗やテストの得点などの情報を開示する。

LMS(学習管理システム)の今後の傾向

近年のLMS(学習管理システム)では、学習そのものを扱うだけでなく受講生のモチベーション維持を目的とした機能を備えたシステムも登場しています。特に教育者と受講者とをつなぐコミュニケーション機能を強化するLMSが増えており、進捗率の低い受講者への学習促進や成績をふまえた指導などに役立っています。

チャット機能やSNSとの連携機能はその典型例でしょう。教育者と直接つながることで質疑応答がしやすくなり、受講者の理解度や成績の向上が図れるようになります。また、SNSなどで受講者同士とつながることにより、モチベーションの維持も期待できます。

このように、eラーニングやLMSは一人ひとりの受講者をサポートできるシステムへと進化していく傾向にあります。近未来のLMSは、蓄積された学習履歴や成績データなどをAI(人工知能)が分析し、受講者ごとに個別の学習促進が自動的に割り当てるようになっていくでしょう。自主的な学習を評価することで、一人ひとりの受講者に最適化したアダプティブな学習を後押しすることも期待されています。

まとめ

LMS(学習管理システム)は、教材の作成や編集から受講者への適切な教材の配信、学習履歴や試験結果などを踏まえた受講者の成績まで統合的に管理するシステムです。これを導入することで、受講者の得意不得意が容易に把握できるようになるとともにデータを取得することで個人指導の指針も作成しやすくなります。

多様化するニーズに応える形で受講者が自ら適した学びのスタイルを実施しやすくなり、それが成績の向上につながるようLMS(学習管理システム)の役割も日々進化を続けていくでしょう。今後、どのようなeラーニングのサービスが登場するのか楽しみですね。


eラーニングの最近のトレンドについては、こちらの記事もご覧ください。
eラーニングのトレンド

動画共有による社内にもたらす5つの効果

動画による社内コミュニケーションの活用状況の市場調査から 社内広報・インターナルコミュニケーション ・代理店教育 ・インストラクター学習動画・飲食チェーンでのオペレーションなど 様々な用途での動画の活用方法を紹介しています。

無料ダウンロードはこちらから
uishare

法人向け動画共有サービス Uishare

17万人ユーザー利用
月額費用1000円から利用可能 uishare

詳細はこちらから
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加