toggle navigation  

動画コンテンツの特徴とは

動画コンテンツの特徴とは

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
動画コンテンツの特徴とは

セミナーや研修、採用活動やイベントなど、動画コンテンツをビジネスに活用する動きはさまざまな業界で一般化してきました。動画コンテンツは単なる情報伝達の手段にとどまらず、いまや企業のブランディングにも大きな影響を及ぼすようになってきました。
スマートフォンやSNSの普及により、ショッピングや趣味、学びの場でも、動画コンテンツを視聴して情報を取得することは現代人の日常生活に溶け込んでいると言えます。
Web上で配信・販売される動画コンテンツと従来のテキストや画像によるコンテンツとの違いはどこにあるのでしょうか。本コラムでは、動画コンテンツの媒体としての特徴をもとに、ビジネスで活用する際のメリットと動画マーケティングで重視すべきポイントについて解説します。

動画コンテンツの効果やメリット

  • 短時間でより多くの情報を伝えられる

1分間の動画コンテンツが伝えられる情報量は180万言語分、Webサイトにして3,600ページ分にのぼるという説があります。従来のテキストや静止画像によるコンテンツに比べ、短時間でより多くの情報を伝えられるのが動画コンテンツの最大の特徴でしょう。

  • 映像と音声がセットでインパクトがある

映像と音声のセットで情報を届けられるという点も動画コンテンツの強みです。人間は映像単体・音声単体の場合よりも映像と音声をセットで感知できる状態のほうが事後に残る印象が強く、記憶に残る傾向があると言われています。

  • 現代人のライフスタイルにあっている

いまや生活者全体の7割以上が視聴していると言われる動画コンテンツ。若年層を中心に中高年層まで視聴者層は拡大しつつあります。電車やバスの中で老若男女を問わずほぼ全員がスマートフォンを見ている光景が当たり前になってきました。
動画コンテンツは通勤や通学の移動時間やちょっとした待ち時間など、隙間時間に気軽に視聴できる点が多忙かつ多様化した現代人のライフスタイルにあっていると言えます。

  • SNSで拡散される可能性が高い

気になるニュースや珍しい光景、子どもや動物が登場するユーモアあふれる動画など「誰かに見せたい」「おもしろい」と視聴者の心を動かすコンテンツは個人のSNSを通じて拡散される傾向が強いようです。
BtoBビジネスでもSNSの拡散力を適切に利用することで高いブランディング効果が望めるでしょう。

  • 検索エンジンから評価される(SEO効果)

Googleは動画コンテンツの価値の高まりを受け、良質な動画コンテンツを掲載しているコンテンツを高く評価することを公表しています。動画コンテンツを配信・販売する際にはSEO効果を意識することで検索結果の上位に表示される可能性が高くなると考えられます。

  • 商品のデモを実施でき、購買につながりやすい

商品を販売する企業などからすると、動画コンテンツで商品のデモを実施し、ユーザーにリモートで視聴してもらえることは大きなメリットです。
たとえば家電や自動車の場合、実際の商品の使い心地やユニークな使い道などパンフレットや自社サイトの商品紹介ページでは紹介しきれないような情報をユーザーに直接届けられることは大きなメリットになります。ショールームや展示会が不要となればコストが削減でき、ユーザーにとっても利便性が高くなります。

動画コンテンツをビジネスに活用する際のポイント

動画をビジネスに活用しようと考えたときに意識しておきたいおもなポイントを解説します。前提としてこれらのほか、動画コンテンツの目的とターゲットを明確化すること、ターゲットにあったストーリーを設定することも重要です。

  • 音声無しでも成立するよう工夫する

音を出せない環境で視聴するユーザーや耳の不自由なユーザーが視聴する場合を想定し、字幕などを配することで音声無しでも成立する内容にしておくことも大切です。
音声無しで意味が通る動画であれば、ランディングページに埋め込んで繰り返し自動再生するといった使い方もできます。
動画制作のシナリオ作成の段階で、音声無しでも成立する内容に設計しましょう。

  • 動画の中に購買への導線を引く(CTAの設置)

動画を配信するだけで終わらずコンバージョンにつなげるためには、ターゲットや目的、あるいはその動画の内容にあわせたCTA※を設置します。
その動画の目的が知識の取得や学びである場合は自社サイトの講座資料や関連コンテンツ記事へのリンクで誘導し、目的が物販である場合はオンラインショップや購入フォームへの誘導ボタンなどが有効です。目的別のCTAを複数設置して相乗効果を狙うのも良いでしょう。
※CTA……「Call To Action(コール・トゥ・アクション)」の略で「行動喚起」と訳される。 Webマーケティング分野では、Webサイトの訪問者を具体的な行動に誘導すること、あるいは具体的な行動を喚起するためにWebサイト上に設置されたテキストやイメージを指す。一般的にはボタンやリンクとして設置されることが多い。

  • 動画配信プラットフォームを利用する

YouTubeやHulu(フール―)に代表される動画配信プラットフォームサイトのなかには、動画販売の機能を持つものもあります。
配信した動画の視聴状況をチェックできる機能や顧客管理機能を備えたものもあり、導入すれば自社独自のマーケティング施策を実践する際の助けとなるでしょう。
ユーザーの個人情報の取得や動画を閲覧した人へのメールの配信など、マーケティングの仕組みづくりは動画配信(あるいは動画販売)プラットフォームを利用するとより効率的です。

【関連記事】
動画販売サイトの作り方―動画販売プラットフォームの選び方―

まとめ

動画コンテンツの媒体としての特徴とを考えると、ビジネスや企業ブランドにいかに新たなチャンスと付加価値を与えてくれるものであるかが理解できるでしょう。
動画コンテンツはテキストや静止画像などの他のコンテンツと比べると、圧倒的に短時間で多くの情報を発信することができます。特に購買行動の入り口として動画コンテンツの視聴を選択するユーザーが増えているなか、5Gの登場でますます動画の視聴率が高まり、最終的にはすべてのコンテンツが動画に移行するのではないか、との見解もあります。

コロナ禍で「三密」やリアルな接触を避けるため、動画コンテンツは結婚式や学校行事、不動産物件の内見やアパレル販売など実に幅広い分野で柔軟に活用されています。
ますます需要が高まる動画コンテンツの特徴とメリットをとらえ、動画コンテンツの制作・販売に活かしていきたいですね。

動画共有による社内にもたらす5つの効果

動画による社内コミュニケーションの活用状況の市場調査から 社内広報・インターナルコミュニケーション ・代理店教育 ・インストラクター学習動画・飲食チェーンでのオペレーションなど 様々な用途での動画の活用方法を紹介しています。

無料ダウンロードはこちらから
uishare

法人向け動画共有サービス Uishare

17万人ユーザー利用
月額費用1000円から利用可能 uishare

詳細はこちらから
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加