toggle navigation  

動画販売で売れるための注意点と集客のコツ

動画販売で売れるための注意点と集客のコツ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
動画販売で売れるための注意点と集客のコツ

良質な動画コンテンツを制作していざ販売を開始しても、届くべきユーザーに届かず、なかなか思うように売れないと悩む制作者は多いようです。
特に動画販売が初めての場合、戦略的な集客が実践できていないケースもあり、そもそも何に、どの時点で、どのくらいのコストをかけて宣伝すれば良いかがわからないという声もあります。
動画販売にあたっては自社サイトなどのWebメディアの運用と同様、Webマーケティングによる集客施策が必要だと言われます。本コラムでは、売れる動画の傾向と動画販売の集客の基本的な考え方をあわせて解説します。

動画販売において売れる動画の傾向

ターゲット層やジャンルにより当然異なるところはありつつも、売れる動画には一定の傾向があると言われます。一般的な傾向はコンテンツのジャンル別に下記の通りです。

  • 教育系コンテンツ

Webサイトにおいてノウハウ記事やハウツー記事、FAQなどユーザーがピンポイントで求めている知識を得られるコンテンツに検索需要があるのと同様に、動画販売においても資格取得のための講座、オンラインの学習塾、ダイエットエクササイズやストレッチ、あるいは趣味のピアノレッスンや料理教室などユーザーが学びを得られる教育系コンテンツは売れやすいもののひとつだと言われます。
特に資格取得や受験など特定の学習目的をかなえる動画は、画質や編集のクオリティといった映像としての完成度よりは内容そのものの価値が問われるようです。

  • エンタメ系コンテンツ

スポーツやお笑い、音楽などエンタメ系のコンテンツでは、大前提として、すでに知名度が高く多くのファンを持つ芸能人やスポーツ選手、ファッションモデルなどが登場するコンテンツは強力だと言えます。
しかし個人や中小企業で動画を制作・販売する場合は、劇団の舞台公演の様子やドキュメンタリー映画など、一般大衆よりはむしろ特定のファン層に向けたコンテンツが売れ筋となるようです。
「大手では逆に実現できないニッチな企画」「ここでしか見られないインタビュー映像」といった特別感を演出できるコンテンツがあれば武器になるでしょう。スポーツでは大手が扱わないマイナースポーツやアマチュアスポーツも一定の需要があるようです。画質の高さ、映像としてのクオリティの高さが求められるジャンルです。

  • 課金したくなる仕掛けを持つコンテンツ

たとえばアーティストやアイドルのファンサイトで配信される動画など、動画を購入することが特定の人物やグループを応援することに直結するような仕掛けを持つコンテンツは売れやすいようです。ユーザーにとって「お金を払う価値がわかりやすい動画」とも言えるでしょう。

動画販売で気を付けるポイント

内容やクオリティ面ではじゅうぶん売れるはずの動画がなぜか売れないという場合、もしかしたら販売のしかたに問題があるかもしれません。
では、どのような売り方をすれば動画が売れるのでしょうか。動画販売において意識すべきこと、注意すべき5つのチェックポイントをご紹介します。

1、 メインターゲットを具体的に絞り込めているか?
メインターゲットとなるユーザーの属性(性別、年齢、職業、居住地域など)を明確にします。

2、 動画の尺の長さや画像の容量は適切か?
視聴時間の長さや画像の容量が、ターゲットとなるユーザーの行動やライフスタイルを考えたときに適切かどうかを判断します。

3、 販売システムは使いやすいか?
特に動画販売のために利用しているシステムが物販用のシステムを流用したものである場合などは、現行の販売システムがユーザーにとって不便がないかどうか検証しましょう。大手の動画販売サイト並みの使い勝手を実現するためには動画販売プラットフォームを利用するのも手です。

4、 視聴デバイスや支払い方法の設定は的確か?
視聴デバイスは、たとえば同じ教育コンテンツ系でもターゲットが学生であればスマートフォン、社内研修を想定したセミナーであればPCでの視聴を前提とするなど、ターゲット層と状況にあわせて設定します。
支払い方法については、販売システムの場合と同様に動画販売プラットフォームを利用するとユーザーにとっても安心感と利便性が高くなるでしょう。

5、 戦略的な集客ができているか?
Web上で動画を販売するにあたり、ターゲットとなるユーザーの目に触れないことには購買には至りません。ECショップでの物販の場合と同様に、Webマーケティングの考え方に沿った集客を実践する必要があります。詳しくは次項で解説します。

動画販売に必要な集客と具体的な方法

Webサイトの運用と同様、Web上での動画販売には戦略的な集客が必要になります。動画販売にも応用できる一般的なWebの集客施策も含め、次のような方法が考えられます。

  • 既存顧客への告知

動画販売以前に自身または自社の顧客やファンになっているユーザーに向け、動画の販売について告知します。告知の方法は顧客のニーズにあわせてオフライン、オンラインを使い分けると良いでしょう。

  • 広告を打つ

リスティング広告や純広告など、予算にあわせてWeb広告を利用するのも手です。

  • ブログやSNSの利用

自社でコストをかけずに宣伝・告知したい場合に有効です。広告を打つ場合と同様、ターゲット層にあわせて発信内容や発信のタイミングを考慮します。

  • 動画販売プラットフォームの利用

集客のためには動画販売プラットフォームの利用も有効です。サイト自体に顧客がついているため、ターゲット層にあったコンテンツを販売すればサイトの集客力を享受することができます。

【関連記事】
動画を簡単に販売するには?

  • メリットの提供

「このページを見た人だけにプレゼント」「期間限定」といった設定のもと、動画サンプルの無料視聴キャンペーンを打つのも良いでしょう。
Web集客でも購買意欲を促進するためのステップとして、関連資料の無料ダウンロードなどユーザーに先にメリットを提供するという考え方があります。

  • Web解析で動画の売れ筋やユーザーの属性をチェック

どの動画がどれだけ人気があるのかは、端的には売上本数や再生数で判断することができます。さらにWeb解析を行えば、ユーザーはどこから集まっているのか、どこから来たユーザーが動画を購入したのかを詳細に把握することができます。
購入者にWebアンケートを実施すれば、さらに詳しくユーザーのニーズをつかむことができるでしょう。
動画が思うように売れない場合でも、一定数のユーザーが動画販売サイトを訪れれば、そのデータをもとに「なぜ売れないのか」を解析して具体策をとることが可能になります。

まとめ

動画の販売を促進するためには、動画そのもののクオリティの高さはもちろんのこと、ターゲットとなるユーザーが何を求めているかを熟慮して制作し、その動画が最終的にWeb上で選択され購入されることを踏まえた集客戦略を実践することが必要です。
集客と並行して、販売システムや支払い方法、視聴時間の長さなどのユーザビリティに問題がないかというチェックポイントも解決しておきたいものです。

動画販売は比較的新しい分野ですので、具体的な集客ノウハウは動画販売プラットフォームの提供事業者を中心にこれから蓄積されていくことと考えられます。現時点では集客のためのWebマーケティング全般の知識を備えて、自社のニーズにあった施策を練ると良いでしょう。
当社の動画配信サービス「UIshare(ユーアイシェア)」は動画販売プラットフォームとして利用することができ、配信動画のアクセス状況をチェックすることが可能です。動画販売の集客にお悩みのかたは利用してみられてはいかがでしょうか。

動画共有による社内にもたらす5つの効果

動画による社内コミュニケーションの活用状況の市場調査から 社内広報・インターナルコミュニケーション ・代理店教育 ・インストラクター学習動画・飲食チェーンでのオペレーションなど 様々な用途での動画の活用方法を紹介しています。

無料ダウンロードはこちらから
uishare

法人向け動画共有サービス Uishare

17万人ユーザー利用
月額費用1000円から利用可能 uishare

詳細はこちらから
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加