toggle navigation  

コロナで需要拡大!動画配信するために必要な動画配信プラットフォームとは

コロナで需要拡大!動画配信するために必要な動画配信プラットフォームとは

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コロナで需要拡大!動画配信するために必要な動画配信プラットフォームとは

以前から徐々に拡大傾向のあったインターネット上の動画視聴ニーズは、新型コロナウイルスの影響による外出自粛の流れを受け、さらに確実なものとなりました。動画コンテンツの視聴は、今や私たちの生活の一部といっても過言ではありません。

動画コンテンツを求められる場面が増加している現在、それらの配信によるビジネスチャンスも急拡大しています。そのチャンスをものにするためのツールとして、動画コンテンツ配信のために必要なプラットフォームについて知っておきましょう。

動画配信プラットフォームとは?

動画配信プラットフォームとは、動画を配信するための土台となる環境です。たとえば、YouTubeは無料の動画配信プラットフォームです。プラットフォームを用意し、そこに動画コンテンツをアップロードすることで配信が可能になります。

無料動画配信プラットフォームを利用することもできますが、企業が個別に動画を配信する際は、有料の動画配信プラットフォームを別途用意するケースも増えてきました。

動画配信プラットフォームには再生や音量の調節といった動画のプレイヤー機能だけでなく、再生端末に応じて動画を最適化する機能、不正ダウンロードを防いで動画の著作権を保護する機能、ライブ配信機能、広告配信機能、視聴動向分析機能など、さまざまな機能を組み込むことが可能です。

なぜ、コロナで動画の需要が伸びたのか?

2020年から2021年にかけて、動画サイトの利用が急拡大を遂げています。新型コロナウイルスの影響により、在宅時間が劇的に増えたことが大きな要因の一つと考えられます。ゲームセンターや映画館、遊園地といったエンターテインメントに軒並み利用制限がかかる中、持て余した時間を楽しむために動画配信が活用されました。

ちょうど時期を同じくして、次世代通信規格「5G」も本格的な運用がスタートしました。

5Gのサービスが普及すれば、より高画質の動画を安定して配信可能になります。さらにデータ容量の無制限化が同時進行していることも、動画配信の普及に拍車をかけているといえるでしょう。

5Gによって高速・大容量通信が進めば、ネットワークの破綻を防止するための速度制限が不要になるため、携帯電話各社からもデータ無制限をうたうプランが次々と登場してきました。

動画を配信・販売するためのプラットフォーム

このような背景から動画コンテンツの価値が上がり、それらを有料配信する企業も増えています。動画に特化した既存のプラットフォームを利用すれば、さらに簡単に動画コンテンツが販売できます。そのプラットフォーム自体に集客力のあるサービスを選べば、集客や管理の手間もかかりません。おすすめのプラットフォームには次のようなものがあります。

DOOONUT(ドーナツ)

動画制作会社「サムシングファン」が提供するサービスで、かんたんに動画ポータルサイトが作成できます。インタラクティブ動画の作成やレビュー機能、限定配信機能を備えており、ABテストや広告移動計測も可能。SNSの視聴データも管理画面で一括管理でき、反響や課題が掴みやすくなります。

ULIZA(ウリザ)

国産の有料動画配信プラットフォームで、株式会社GEOやZ-KAIを展開する株式会社増進会ホールディングス、資格の学校を運営するTAC株式会社など、超大手企業も導入している人気サービスです。

充実した機能を備えていることに加え、「一部の機能だけを利用したい」という要望にも応えられるようカスタマイズ機能に特化しています。カスタマイズや運用の代行も頼めるので、初心者にも安心して利用できるサービスです。

Vimeo

無料プランと有料プランから選んで利用できるプラットフォームです。無料プランであっても、広告が表示されないという特徴があります。途中で余計な広告に邪魔されることなく、集中して視聴できるという点が大きなメリットです。

カスタマイズ機能も充実しており、Webサイトへの埋め込みやSNSによる共有も可能です。一番機能が充実したプランでも月額利用料は7,500円なので、手頃に利用できます。

Brightcove Video Cloud(ブライトコーブ ビデオ クラウド)

世界各国で活用されている有料動画配信プラットフォームです。マルチデバイス対応で、ライブ配信機能にも対応しており、SNSに投稿した動画も一括管理できます。動画配信ビジネスに力を入れていきたい企業におすすめです。

ショッピングサービスによる販売も可能

近年、簡単に利用できるオンラインショップの開設サービスも増えてきました。BASEやSRORES.jpを使えば、比較的、簡単な操作で自分の動画販売サイトを開設できます。デザインもカスタマイズが可能です。

ただしサイト全体のデザインを自分で考えなければならないので、一定の手間はかかります。さらにアップロードできるコンテンツの容量にも制限があるので注意しましょう。

オンラインショップ
開設サービス
初期費用・月額利用料 サービス利用料 決済手数料
BASE 無料 3% 3.6%
SRORES.jp 無料
(有料プラン月額1,980円)
  5%

動画配信プラットフォームは自分で構築することもできますが、膨大な手間がかかりますし、開発者に委託すると費用がかかります。自己開発システムなら利用料はかかりませんが、保守管理にかかる手間を考えても、あまり現実的ではありません。

以前はYouTubeでも有料コンテンツの販売が可能でしたが、2018年1月1日に有料コンテンツ機能は廃止されました。そのため、現在ではYouTubeでの有料コンテンツ配信は基本的にできません。

まとめ

2020年は、新型コロナウイルスの感染拡大による影響で、これまであまり動画コンテンツを視聴しなかった人も、動画コンテンツの利用が多い年だったのではないでしょうか?動画の需要は定着してきており、たとえコロナ禍が収束しても、需要は継続することが予想されます。

動画という知的財産の視聴に、費用をかけるという行為も一般化してきました。これは大きなビジネスチャンスです。

需要が見込める動画コンテンツ作成のアイデアを持っている人は、せっかくの機会を逃さないよう、動画配信プラットフォームを有効に利用して積極的に動画コンテンツを販売していきましょう。

動画共有による社内にもたらす5つの効果

動画による社内コミュニケーションの活用状況の市場調査から 社内広報・インターナルコミュニケーション ・代理店教育 ・インストラクター学習動画・飲食チェーンでのオペレーションなど 様々な用途での動画の活用方法を紹介しています。

無料ダウンロードはこちらから
uishare

法人向け動画共有サービス Uishare

17万人ユーザー利用
月額費用1000円から利用可能 uishare

詳細はこちらから
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加