toggle navigation  

ビジネスにおいて動画コンテンツを積極的に取り入れよう。 ~動画コンテンツで得られる効果と広がる可能性~

ビジネスにおいて動画コンテンツを積極的に取り入れよう。 ~動画コンテンツで得られる効果と広がる可能性~

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ビジネスにおいて動画コンテンツを積極的に取り入れよう。 ~動画コンテンツで得られる効果と広がる可能性~

毎日の生活の中で、動画コンテンツを目にする機会が増えている人は多いと思います。

近年の急速な技術革新を受け、動画コンテンツの需要は拡大の一途をたどっています。今後もその傾向は継続するはずです。その流れをうまく乗りこなし、動画コンテンツをビジネスに積極的に取り入れていきましょう。

動画活用が進んでいる背景

動画コンテンツのビジネス活用が進みつつある背景として、次のようなものが挙げられます。

情報量が多い

そもそも動画を使えば静止画に比べてたくさんの情報を一度に伝えることができ、高い広告宣伝効果が期待できます。電通とディーツーコミュニケーションズの調査(iPhone向け動画広告効果調査)によると、動画広告の内容は静止画に比べて2割程度ユーザーの記憶に残りやすく、訴求力が高いという結果が出ています。

スマートフォンの急速な普及拡大

博報堂DYメディアパートナーズ「メディア定点調査2017」によると、スマートフォンの普及率は2019年の時点で82.2%。2010年の時点では9.8%だったのに対し、ここ10年で一気に普及が進んだことがわかります。

同じ調査によると携帯電話やスマートフォンにおけるメディア接触時間の平均値は、2019年で117.6分。多くの人が毎日2時間近くスマートフォンを通してメディアに触れており、その中で動画コンテンツに触れる機会も増えたことがうかがえます。

通信環境の整備

近年、各家庭における光回線の普及率はかなり向上しました。動画や音声、鮮明な画像を含むWebサイトも快適に読み込めるようになっています。

新型コロナウイルスの影響が拡大した2020年には、次世代通信環境「5G」の提供もスタートを切りました。これによりさらなる通信環境の改善が進み、一層の動画コンテンツ需要の高まりが予想されています。

プラットフォームの進化

ひと昔前は動画配信サイトといえば「YouTube」「ニコニコ動画」などの一部の限られたプラットフォームに限られていました。しかし、現在ではSNSでも気軽に動画配信ができるようになっており、さらに個別の企業ごとに独自のカスタマイズが可能な動画配信プラットフォームなども普及してきています。

これにより、より気軽に動画を配信したり視聴したりすることが可能になりました。

企業の動画コンテンツへの積極参入

動画の視聴環境が整ってきたことで広告宣伝効果が高まり、企業も積極的に動画を配信するようになりました。インターネット広告の中でも重要な位置づけになっています。

動画によって得られる効果

動画コンテンツは映像と音声を組み合わせ、情報をわかりやすく伝えられるというメリットがあります。インパクトを重視した編集をすれば、印象がさらに強い動画にできます。

動画コンテンツの普及開始当初は、テレビCMをそのままインターネットに移行しただけのような広告宣伝コンテンツが多くみられました。しかし現在では、広告が配信される条件(検索キーワードなどからうかがえる趣味嗜好など)に合わせた、よりカスタマイズされた広告動画が増えてきました。

動画は静止画の5,000倍もの情報量を伝える効果があるとも言われており、記憶の定着を図りたい資格の学習に特化した学習動画サービスなども多数登場しています。

動画を視聴すればいつでも自分のペースに合わせて学習が進められ、特に気になる部分は何度でも視聴できることから、ユーザーの好評を得ています。配信側は、一度動画を撮影してしまえば長く利用できるので、質問への応答など個別の対応により時間をかけられるようになりました。

本だけでは伝わりにくい料理の手順も、動画で配信すれば一目で伝わります。評価の高い動画はSNSでシェアされ、拡散されるので、莫大な集客効果が見込めます。

ビジネスにおける動画活用事例

大手企業における動画の活用事例には、次のようなものがあります。

集客

動画コンテンツは情報量が多いため、ユーザーの不安を解消し、満足度を上げる効果があるとされています。動画コンテンツを組み込むことで、サイトの品質が向上したとGoogleの検索エンジンに判断され、間接的にサイトの検索順位が上がるというSEO効果が期待できます。

L'Oréal Paris Japan

化粧品会社のロレアルでは製品開発や使用法を動画で紹介し、プロモーションに生かしています。動画からのリンクで商品が購入でき、売り上げに貢献しています。

商品説明

商品の特徴を印刷物で紹介しようと思うと限界がありますが、動画なら使用イメージを正確に伝えることができ、特徴もしっかりと紹介できます。商品への理解が深まるので、販促効果が高いといわれています。

【子供向けプログラミング教育サービス「embot(エムボット)」】
NTTドコモが提供するプログラミング教育サービスで、専用サイト内で動画を配信しています。プログラミング学習について視覚的に紹介し、楽しそうな様子の子供も一緒に紹介することで訴求力を高めています。

マニュアル

動画コンテンツは、商品の使用方法などをわかりやすく紹介するツールとしても優秀です。専門的な機械装置のオペレーションから、広く販売されている商品の使用方法まで、幅広く活用できます。

Panasonic Japan

パナソニックでは商品のPR動画だけでなく、詳しい使い方がわかるマニュアル動画も多数配信しています。使い方をイメージしにくい美顔器やヘアーアイロンなどの美容系マニュアル動画が好評です。

採用活動

採用活動では動画コンテンツが、会社の魅力を伝える役割を果たします。若手社員へのインタビュー動画や普段の仕事風景を盛り込み、就職後の自分をイメージさせる内容に仕上げましょう。

佐川グローバルロジスティクス株式会社

さまざまな若手社員のインタビューを交え、実際に働く姿を紹介しています。先輩社員の仕事に対する熱意を聞くことで、実際に働く自分の姿を前向きにイメージさせる動画です。

まとめ

このように、動画コンテンツには実にさまざまな活用法があり、可能性は無限大です。アイデアを形にすることで、さまざまなビジネスチャンスが生まれるでしょう。

優れた動画を作ってうまく活用していくためには、目的や目標、活用方法を明確にして制作していくことが大切です。

動画共有による社内にもたらす5つの効果

動画による社内コミュニケーションの活用状況の市場調査から 社内広報・インターナルコミュニケーション ・代理店教育 ・インストラクター学習動画・飲食チェーンでのオペレーションなど 様々な用途での動画の活用方法を紹介しています。

無料ダウンロードはこちらから
uishare

法人向け動画共有サービス Uishare

17万人ユーザー利用
月額費用1000円から利用可能 uishare

詳細はこちらから
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加