toggle navigation  

動画を倍速再生した際の学習効果をわかりやすく解説

動画を倍速再生した際の学習効果をわかりやすく解説

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
動画を倍速再生した際の学習効果をわかりやすく解説

動画を倍速再生させることで、早い時間で動画を視聴することができます。
学習を効率よく進めるために倍速再生を活用している方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、倍速再生で動画を視聴した場合の学習効果については気になるところです。
はたして、倍速速度で学習した内容はしっかり脳に定着するのでしょうか。

本記事では、倍速再生のメリットや学習効果について解説します。
社内の情報共有や動画学習に力を入れている企業の方には必見の内容ですので、ぜひご覧ください。

動画倍速再生とは

倍速再生とは、動画の再生速度を上げたり下げたりして再生することを指します。
再生を遅くする場合にも倍速再生とよびますが、一般的には再生速度を上げるという意味合いで使われることが多い言葉です。

多くの動画配信サービスではこの倍速再生機能が備わっています。
人によって話すペースもさまざまなので、話が早くて聞き取りづらいときには速度を下げて視聴したり、反対に早く話を聞きたい場合には速度を上げて視聴したりすることができる便利な機能です。

特に、口頭で説明しながら伝える動画では人によって喋る速度もさまざまなので、もう少しスピードを上げて視聴したいということもあるのではないでしょうか。

倍速再生で選べる速度はおよそ0.25倍〜2倍ほどです。
自分の好きな速度を選んで動画を視聴することが可能なので、自分の聞き取りやすい速さで視聴することができます。

動画の倍速再生は多くの場合、次のような理由で活用されています。

  • 視聴時間を短縮したい
  • 動画の大まかな内容を知りたい
  • 効率よく知識を身に付けたい

倍速再生の1番の魅力はなんといっても時間の短縮になることです。
60分の動画を視聴するとして、1.5倍再生にすると40分ほどで見終えることができます。
つまり、動画の視聴時間を3分の2に短縮することができ、20分も時間を節約することができるのです。

動画における倍速再生の利用状況

次に、動画の倍速再生の利用状況について解説します。

比較的、若い年代の間では、ショート動画などが流行していることもあり、短時間で手軽に視聴ができる動画に人気が集まっています。そのため、倍速再生を利用して動画を視聴するのも若年層の方が多いようです。

昨今コロナ禍の背景もあり、自宅でオンライン会議や動画共有サービスを使っての情報共有も増えました。情報過多社会ともよばれる現代では、効率よく知識の吸収をしようと考える人も多く、倍速再生の需要も高まっているといえます。
動画の再生速度を上げた方が集中できるという意見も見られるため、効率よく学習を行う方法として、一般的なものになりつつあるようです。

では、動画を倍速再生で視聴することは学習効果にどう影響するのでしょうか。

動画倍速再生での学習効果

再生速度と学習効果についての研究はいくつかありますが、倍速再生での学習であっても、理解度の低下は見られないという研究結果が出ています。再生速度がゆっくりだとリラックスして聞ける反面、ボーッとしてしまったり集中力が切れてしまったりということもあるでしょう。

その点、倍速再生では再生速度を上げて視聴することで、脳が聞き逃さないよう注意するため、集中力のアップにつながります。よって、学習効果も下がらず効率的に知識の吸収ができるというわけです。

とはいえ、スピードが速すぎて聞き逃しが多く、理解が追いつかない速度での視聴は本末転倒です。そのため、速度は1.25〜1.75倍程度の再生速度にしておくと良いでしょう。2倍速だと人によっては聞き取るのが難しかったり、理解が追いつかなかったりしてしまいます。

「少しでもスピードを上げて効率よく視聴しよう」と考えるあまり、時間を無駄にしてしまうことがないようにしましょう。人によって心地の良い速度には違いがあるため、自分に合った速度に合わせて視聴するのがおすすめです。

また、効率よく脳にインプットできる倍速再生ですが、デメリットがないのかといえばそうではありません。再生速度の高い動画の視聴は脳に次々と情報が流れてくるため、早いスピードで情報を処理しなければならず、結果として脳を酷使してしまいます。そのため疲労感や焦燥感など、後から反動が出やすいというデメリットもあるのです。
脳の処理速度が上がるので、疲労感だけでなく時間感覚にも変化が起こることがあります。

しかしながら、適度に休憩を挟むなどうまく活用すれば、倍速再生はとてもメリットの大きい学習方法です。特に、ビジネスでの活用には相性の良いツールであるといえます。
ノウハウ系動画や説明内容などの動画は、単調で飽きてしまいやすいという意見も聞かれます。そこで、倍速再生を活用することにより、速度を上げることで集中力が高まる効果にも期待が持てるのです。

適度な速度で視聴すれば、理解力が落ちることなく効率的にインプットすることができます。
時間短縮のメリットが大きい倍速再生を積極的に活用してみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は、動画を倍速再生した際の学習効果について解説を行いました。
近年、倍速再生を利用して動画を視聴するユーザーが増加しており、動画を倍速視聴した際でも学習効果は変わらないという研究結果があります。よって、倍速再生での学習効果については期待できるといって良いでしょう。

しかし、速度を上げれば上げるほど効率よく学習ができるのかといえば、必ずしもそうではなく自分に合った速度で視聴するというのが大切なポイントです。効率よく学習を進めたいといった場合でも、無理なく聞ける速度に設定すると良いでしょう。
話す速度も人によって違うため、もし通常再生でも早いと感じた場合は、もちろん速度を下げても構わないのです。

倍速再生には、自分が心地よい速度で動画が視聴できるというメリットがあります。
マニュアル動画などを作成する企業にとっては、動画作成ツールを選択する際に注目するポイントの一つとなるでしょう。

UIshareは倍速再生にも対応しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

動画共有による社内にもたらす5つの効果

動画による社内コミュニケーションの活用状況の市場調査から 社内広報・インターナルコミュニケーション ・代理店教育 ・インストラクター学習動画・飲食チェーンでのオペレーションなど 様々な用途での動画の活用方法を紹介しています。

無料ダウンロードはこちらから
uishare

法人向け動画共有サービス Uishare

初期費用無料!
充実機能で動画配信を即スタート!uishare

詳細はこちらから

執筆者情報

株式会社ユイコモンズ UIcommons Inc.

ユイコモンズでは、『世界中の人々が、豊かで実りある生活ができるようにいつでもどこでも誰でも存分に学べる場を創る』をビジョンに掲げ、学びに関するさまざまなサービスを展開しています。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加