toggle navigation  

動画コンテンツの活用をおすすめする理由

動画コンテンツの活用をおすすめする理由

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
動画コンテンツの活用をおすすめする理由

動画コンテンツは今や広告・マーケティング分野に欠かせないものとなっています。動画マーケティングの市場規模は世界的に拡大の一途にあり、今後も成長が続くことが予測されます。
株式会社サイバーエージェントの研究機関である研究機関である「オンラインビデオ総研」と株式会社デジタルインファクトとの国内動画広告の市場動向に関する共同調査によると、2020年の動画広告市場は3,289億円、2023年には5,065億円に達する見込みだと言います。
本コラムでは、動画コンテンツが5Gの登場でよりスムースにスマホで視聴できるようになった点や、テキストや静止画に比べて人間の記憶に残りやすい点などをふまえ、動画コンテンツを企業活動に採り入れることのメリットについて解説します。

引用元:
プレスリリース「サイバーエージェント、2019年国内動画広告の市場調査を実施」(株式会社サイバーエージェント)

動画コンテンツへのニーズが拡大する背景

現在、動画コンテンツは多くの企業のマーケティング活動や採用、営業のシーンなどで活用されています。目的にあわせた動画広告の媒体やフォーマットの選択肢が増えていることもあり、動画コンテンツへのニーズは拡大の一途をたどっています。
動画コンテンツの市場規模が拡大している背景には、通信回線の高速化とソーシャルメディアの普及・浸透があります。

  • 4Gから5Gへ、通信回線の高速化

2020年に通信回線が4Gから5Gへと変わり、5Gが本格的に普及すると、通信速度は1,000倍となり、やがてWi-Fiが必要なくなると言われています。
5G回線によって大容量の動画コンテンツをスマホでスムースに視聴できるようになり、多くの人が動画をより見やすい環境が実現されます。
現状では動画が再生されるまでに数秒間のサーバーの反応遅延があり、その間にユーザーが動画を閲覧することなく離脱してしまうという現象があります。5G回線ではそのような遅延も緩和されることから、各企業においては消費者に対して動画コンテンツによるさまざまなアプローチがしやすくなること考えられます。

  • ソーシャルメディアにおける動画領域の活用とSNSの浸透

2015年以降は各種ソーシャルメディアの動画領域での活用が拡大しています。ソーシャルメディア黎明期にはTwitterと連携して動画の生配信ができるサービス(TwitCasting)や6秒のショートムービーを制作し共有できるVineなどが活用されていました。動画配信サービスはかつてはPCで視聴されるものが主流でしたが、ソーシャルメディアの普及に伴い、現在ではスマホでの視聴が中心となっています。
2016年頃からはTikTok やMixChannelといった中高生に人気の動画サービスが台頭し、Instagramの利用者のおよそ7割が視聴すると言われる「ストーリーズ」機能の活用など企業における動画コンテンツの利用が多角化しています。Instagramの「ストーリーズ」は24時間経つと投稿した動画が消える仕様で、リアルタイムのつながりをより重視した機能のひとつです。
SNSにおける動画コンテンツの活用が広がったことにより、ユーザーがより手軽かつアクティブに動画を視聴するようになりました。

動画コンテンツのメリットと媒体としての優位性

動画コンテンツには、従来のテキストや静止画コンテンツにはないメリットがあります。代表的なものは次の通りです。

  • 短時間でより多くの情報を伝えられる

1分間の動画コンテンツが伝えられる情報量は180万言語分、Webサイトにして3,600ページ分にのぼるという説があります。テキストや静止画によるコンテンツに比べ、短時間でより多くの情報を伝えられる点が媒体としての優位性です。

  • 映像と音声がセットでインパクトがある

映像と音声が一体となったかたちで情報を届けられるという点も動画コンテンツの特長です。人間は映像単体・音声単体の場合よりも映像と音声をセットで感知できる状態のほうが印象に残りやすく、記憶に残りやすい傾向があると言われています。

  • 現代人のライフスタイルにあっている

いまや生活者全体の7割以上が視聴していると言われる動画コンテンツ。視聴者の年齢層も拡大しつつあり、電車やバスの中で老若男女を問わずほぼ全員がスマートフォンを見ている光景が当たり前になってきました。
動画コンテンツは移動時間やちょっとした待ち時間などの隙間時間に気軽に視聴できる点で、多様化した現代人のライフスタイルにあっていると言えます。

関連記事:
動画コンテンツの特徴とは

企業が動画コンテンツの活用で得られるもの

動画コンテンツは企業活動におけるブランド認知やブランド想起に効果的だとされ、「動画マーケティング」という言葉がよく聞かれるようになりました。
たとえばWeb広告では、テキスト単体あるいはテキストに静止画を組み合わせたバナー広告よりも動画を用いたもののほうがユーザーにクリックされる率が高いと言われています。また、自動再生される動画広告はユーザーが能動的に読み進める必要がなく、閲覧の敷居が低い点がメリットだと言われます。
そのほか、企業活動に動画コンテンツを採り入れることで得られるメリットには、次のようなものがあります。

  • SEO効果

世界最大級の動画配信プラットフォームであるYouTubeは、検索エンジンとしても世界第2位とGoogleに次ぐ規模にまで成長していて、YouTube内で動画を検索するユーザーが増えていることがわかります。企業からすると、YouTube上に自社の動画コンテンツを掲載しておけばより多くのユーザーに視聴してもらえる可能性が高まるということになります。
このような動画へのニーズの高まりに対応するように、Googleはユーザーにとって有益だと評価できる動画をリッチスニペット(リッチリザルト)で検索結果の上位に表示する動きをとっています。
効果的なタイトルやタグの付け方を考察するなど動画SEO(検索エンジン最適化)対策が必要ではあるものの、ユーザーのニーズに沿い、かつ一定のクオリティを備えた動画コンテンツそのものにSEO効果があると考えてよいでしょう。

  • リアルタイムな効果測定

YouTubeアナリティクスなどの効果解析ツールを利用すれば、動画を視聴しているユーザーの反応をリアルタイムで把握でき、何が好まれ、何が好まれないのかといった傾向を具体的に分析することが可能です。また、取得したさまざまなデータは次の施策へといかしやすく、より効率的にPDCAサイクルを回すことができます。
このような動きはテレビCMが主流の時代には叶わなかったものです。Web上で動画コンテンツを配信することの最大の価値はリアルタイムな効果測定にあり、効果解析データをいかに有効活用できるかが動画マーケティングの成否を決めると言えます。

まとめ

動画コンテンツはテキストや静止画によるコンテンツに比べて一度に発信できる情報量が多く、短時間で要点を伝えることができるうえ、ユーザーの記憶に残りやすいといった優位性が指摘されています。また、これまでは個人の趣味利用が多い分野でしたが近年ではBtoBでの動画活用の動きが広がりを見せています。
動画コンテンツは適切に活用することで、企業のマーケティング活動にはもちろんのこと、採用や営業など幅広いシーンで多くのメリットをもたらします。
5Gの本格普及に向けて動画コンテンツの特長を理解し、より効果的な動画制作・動画配信をすることで自社の戦略にいかしていきたいですね。

動画共有による社内にもたらす5つの効果

動画による社内コミュニケーションの活用状況の市場調査から 社内広報・インターナルコミュニケーション ・代理店教育 ・インストラクター学習動画・飲食チェーンでのオペレーションなど 様々な用途での動画の活用方法を紹介しています。

無料ダウンロードはこちらから
uishare

法人向け動画共有サービス Uishare

17万人ユーザー利用
月額費用1000円から利用可能 uishare

詳細はこちらから
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加