toggle navigation  

スマホで簡単に動画を作る方法と動画編集アプリの選び方

スマホで簡単に動画を作る方法と動画編集アプリの選び方

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スマホで簡単に動画を作る方法と動画編集アプリの選び方

ビジネスや趣味のために動画コンテンツを作ってみたいけれど、「何を準備すればよいかわからない」「専門知識が無いとイメージ通りに作れないのでは?」とお悩みのかたもいるでしょう。
動画編集の作業にはハイスペックなPCが必要なイメージがあるかもしれませんが、手持ちのスマホだけでも動画作成は可能です。無料で使える動画編集アプリを活用すればなお取り掛かりやすいでしょう。
本コラムでは、スマホで手軽に動画を作る方法とスマホ用動画編集アプリの選び方、おすすめの動画編集アプリをご紹介します。動画づくりに初めて挑戦するというかたも、ぜひ参考になさってみてください。

スマホで動画を作る方法

動画コンテンツを作る際、必要なものを揃えて流れに沿っていけば初心者でも手軽に取り組むことができます。スマホで動画を作る際の3つの基本ステップをご紹介します。

1、 スマホで素材を撮影し、準備する

スマホで作成される動画には、あらかじめ用意された(撮影された)動画素材を編集したものと、複数の写真を連続で見せることでアニメ―ション風に仕立てたものとの2種類があります。いずれの場合も、あらかじめ必要な写真や動画を撮影し、使いたい音声を録音するなどしてデータファイルを集めます。
写真や動画を撮影する際に写真加工アプリ(写真編集アプリ)を使えば、レタッチ機能で人物の肌をきれいに見せたり、明るさを調整したりすることが可能です。

2、 動画編集アプリで編集する

使いたい素材が揃ったら、動画編集アプリをダウンロードし、アプリの中で素材の編集をします。アプリをダウンロードする前に、作成可能な動画の長さ(時間)や、BGMを挿入できるか、文字入れ機能があるかといった機能面をあらかじめ確認しておきましょう。
作成できる動画の長さ(時間)はアプリによりけりで、数分間が上限のものや無制限のもの、課金によって制限解除できるものなどさまざまです。
また、動画にコメントや字幕を入れる場合も、アプリによっては文字の大きさや配置に制限があります。
YouTubeやInstagramに投稿したい場合は、自分の好きな位置に好きな書体の文字を入れられるアプリを選べば、動画の補足情報を入れやすく、目に留まりやすいものになるでしょう。

3、 作成した動画をチェックする

アプリでの編集作業が終わったら、作成した動画を再生して内容をチェックします。BGMや文字はきちんと入っているか、余計なものは写り込んでいないか、画像は鮮明か、といったポイントで動画のクオリティをチェックしておくと、YouTubeやInstagramに投稿した際の反応も変わってくるでしょう。
いざ始めると動画づくりに没頭してしまうことがあるかもしれませんが、動画を見てくれる人の立場をつねに意識して、客観的な視点を持つことが大切です。

スマホの動画編集アプリの選び方

スマホで誰でも簡単に動画を作れる動画編集アプリには、文字入れや字幕入れ、BGMの挿入など、PCで動画編集をする際に用いる画像編集ソフト並みの機能を備えたものもあります。
SNSと連携できるタイプもあり、YouTubeやInstagram、Twitterへの投稿もより手軽に行えます。初心者のかたでも思い通りの動画コンテンツを作れるよう、動画編集アプリを選ぶときの代表的な3つのポイントを解説します。

1、 動画編集の基本項目をチェック

はじめに、作成可能な動画の長さ(時間)、「ウォーターマーク(透かし)※」の有無、動画と静止画の両方を扱えるか、といった基本項目をチェックします。

前章でご説明した通り、作成できる動画の長さ(時間)はアプリによって異なります。見ごたえのあるムービーを作りたい場合は長めの動画が作れるものが良いですが、初めてでお試しの場合やアイデア勝負のショートムービーを作りたい場合は短めの動画が作れるタイプでも良いでしょう。
動画と静止画の扱いについては、スライドショー風の動画を作りたい場合は静止画のみのタイプでも良く、セレモニー用のメッセージ動画(ビデオレターなど)など、より高度な編集を加えたい場合には動画と静止画の両方を扱えるアプリがおすすめです。

作成した動画にアプリのロゴなどを写したウォーターマークが入ってしまうと、映像としての完成度が気になる場合もあるでしょう。アプリを選ぶ際にはウォーターマークの有無、ウォーターマークが入る場合は課金などを以て外せるのかどうかということも事前に確認しておきましょう。

※ウォーターマーク(watermark)……本来は紙の透かしのことを指す。画像編集や動画編集の文脈では、著作権表示などのために画像の上に写し込まれる小さな文字や図案を指すことが多い。

2、 演出に使える加工機能をチェック

より凝った動画を作りたい場合は、加工機能をチェックします。
お笑い要素のあるショートムービーや、YouTubeなどの動画配信サイトで多くの人に見てもらうことを目指す動画には、字幕や文字入れ機能が充実したものが良いでしょう。好きな位置に好きな文字を入れられる、自由度の高いものが特におすすめです。
ミュージックビデオ風のムービーを作りたい場合はBGM音楽を入れられるもの、なかでも、使える音楽の選択肢に制約がなく、スマホ内の音楽ファイルを自由に取り込めるものが良いでしょう。
これらのほか、写り込み対策に使えるフィルター機能や、映像と映像のつなぎ目を美しく処理するトランザクション機能も便利です。

3、 SNSや動画配信サイトとの連携

SNSや動画配信サイトと連携可能なアプリを使えば、作成した動画を簡単にアップロードして共有することができます。
連携できるSNSや動画配信サイトはアプリによって異なります。YouTube、Twitter、Instagramなど、自分が使っているサービスと連携したアプリを選ぶと良いでしょう。

スマホで使えるおすすめの動画編集アプリ

アプリの選び方をおさえたら、動画づくりの目的にあったアプリを選び、ダウンロードしましょう。以下、初心者のかたにもおすすめの動画編集アプリを3つご紹介します。

  • InShot(InstaShot Inc.)

Instagramに投稿したいかたにおすすめのアプリ。写真の境界線とサイズを調整して正方形にしてくれるのでInstagramへの投稿に便利です。
絵文字やスタンプなどのデコレーション要素や音楽、エフェクト・ナレーションの挿入も可能です。加工の自由度も高く、にぎやかでかわいらしい編集を目指すかたにおすすめ。

  • キネマスター(KineMaster)

背景の合成機能や再生速度の変更機能など、編集機能のラインナップが豊富なアプリ。動画の編集に凝りたいかたにおすすめです。
無料版にも基本機能が揃っているので、初めてのかたはまずは無料版を試してみても良いでしょう。細かい設定でこだわりの編集が叶うアプリです。

  • Quik(GoPro Inc.)

使いたい動画や静止画を取り込むと、それらを自動的に解析し、ハイセンスなムービーを作成してくれるアプリ。最短では数回タップするだけで動画コンテンツが完成します。
動画制作の知識は無いけれど、とにかく手間をかけずにハイセンスな動画を作ってみたいというかたにおすすめです。

まとめ

動画コンテンツを作るのにはハイスペックなカメラやPCが必要なイメージがありますが、スマホで使える動画編集アプリを利用すれば、ふだん使っているスマホだけで動画を作成し、編集することができます。
現在ではさまざまなニーズに対応する動画編集アプリが種類豊富に開発されています。PCを持っていない、動画編集の知識が無いというかたでもまずは手軽に始められるスマホでの動画作成から、趣味やビジネスのアイデアをかたちにしてみられてはいかがでしょうか。

関連記事:
動画コンテンツの作り方
動画販売・制作に関わる権利について

動画共有による社内にもたらす5つの効果

動画による社内コミュニケーションの活用状況の市場調査から 社内広報・インターナルコミュニケーション ・代理店教育 ・インストラクター学習動画・飲食チェーンでのオペレーションなど 様々な用途での動画の活用方法を紹介しています。

無料ダウンロードはこちらから
uishare

法人向け動画共有サービス Uishare

17万人ユーザー利用
月額費用1000円から利用可能 uishare

詳細はこちらから
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加